NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

HOME > 団体紹介 >  トップメッセージ

トップメッセージ

留職で、強い「想い」を持ったリーダーを創る

共同創業者・代表理事 小沼大地
共同創業者・代表理事
小沼大地

日本社会は、これから多くの複雑で多様な社会課題に立ち向かうことになります。これまでの延長線上で物ごとを捉えても、決して答えが見つからないような時代です。そんな時代に必要なのは、凝り固まった既成概念の枠を超えて物ごとを捉え、未来を切り拓くことのできるリーダーです。企業でも、行政でも、そしてNPOでも、そんなリーダーが求められています。

では、そんなリーダーはどうすれば育てられるのか。私たちは、強い「想い」を持つということが最も大切だと考えています。しかし一方で、今の日本社会には、そうした「想い」を育てるような機会があまりにも少ないと感じます。

クロスフィールズの留職プログラムは、日本企業で働く人たちに、新興国の現地社会であらゆる枠を超えて社会課題の解決に挑む機会を提供します。この圧倒的な原体験こそが、参加する企業人たちに強い「想い」を与え、未来を切り拓くリーダーを創ることに繋がっていくと、私たちは信じています。

「すべての人が”働くこと”を通じて、想い・情熱を実現することの世界」

2011年に創業してこれまで活動してきて、ここ日本には、私たちが目指すそんな未来の姿を一緒に描こうとして下さる方々が沢山いることを知りました。そうした方々の応援があるからこそ、これまで数々の垂直な壁を乗り越えることができたと思っていますし、これからも乗り越えられると信じることができます。

クロスフィールズは、私たちの思い描く未来を応援して下さる沢山の仲間たちとともに、これからも全力で走り続けます。

お問い合わせ・資料請求

▲ページトップに戻る

企業とNGOとが手を取り合い、社会を前向きな未来へ

共同創業者・副代表 松島由佳
共同創業者・副代表
松島由佳

「頭ではなく、心で記憶する経験」。ある留職者の方が、留職をこう称してくれました。1回の留職に留まらず、その後の人生にも深く刻まれる経験になって欲しいと願う我々にはとても嬉しい言葉でした。刻まれる内容は人により異なりますが、クロスフィールズとして、心に刻んで欲しい「留職」の中で大事にしている価値観があります。

一つは、これまでの常識を超えて発想し行動することの大切さ。自身の組織を離れ、日本を離れて活動するため、もちろんこれまでの常識は通じません。しかしその中で発想することこそが、人の可能性を拡げ、変えていく瞬間に、これまでの「留職」の中で、ありがたいことに何度も立ち会わせてもらいました。このことは、過去の延長線ではない新たな可能性を個々人が切り拓いていく事が求められる今の社会にとっても、重要なことではないかと考えます。

二つ目は、途上国のNGOから素直に学ぶ感受性。自らの力で社会を更に良くするために何が出来るかと本気で挑んでいるNGOの人たちは、人生をかけて社会課題に挑む覚悟や迫力ある生き様を持ち、そして限られたリソースや制約がある中だからこそクリエイティブに事業を発想し運営している、素晴らしいリーダーたちです。社会の課題に対して諦めず、自分自身の意思を持って挑戦する力も、これからの日本社会においては更に一層必要となるものだと考えます。

記憶した経験がその後も開花し、企業とNGOとが手を取り合いながら、社会の前向きな未来のための価値を生み出す活動が増えていくよう、クロスフィールズはこれからも歩み続けます。

お問い合わせ・資料請求

▲ページトップに戻る