2014年9月29日(月)プレスリリース|新興国「留職」プログラムのNPO法人クロスフィールズ

NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

HOME > 2014年9月29日(月)プレスリリース

2014年9月29日(月)プレスリリース

 2014年9月29日(月)

リクルートキャリアが在宅医療の現場に社員を派遣
~初の国内「留職」をクロスフィールズが東北でスタート~

リクルートキャリアが在宅医療の現場に社員を派遣~初の国内「留職」をクロスフィールズが東北でスタート~
留職プログラムの参加者、9月の現地視察にて

NPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表理事:小沼大地)は、これまで海外で展開していた「留職」プログラムを、この度、初めて日本国内に展開致します。『国内留職』を初めて導入するのは、株式会社リクルートキャリア。同社はミッション実現に向けたバリューとして『社会起点』『圧倒的な当事者意識』『昨日を超える』の3つを掲げており、これらを体現するための施策のひとつとして、留職の導入を決めました。なお、クロスフィールズは本プロジェクトをパイロット版として位置付けており、国内留職の事業は本プロジェクトの実施を経て本格的に展開を進めていきます。

「留職」プログラムとは、日本企業の社員を新興国のNPO等へと派遣し、現地社会への貢献と企業の人材育成を同時に実現するもので、クロスフィールズではこれまで新興国を舞台に展開してきました。そんな中、なぜ今回リクルートキャリアが『国内』留職に踏み切ったのか。少子高齢化が進む日本社会において雇用課題は社会の重要テーマであり、“働く喜び”の輪が新たな活力を生み出す豊かな社会を創るという同社のVision実現のためには、今まで以上に社会を起点とした行動をしていかなければならないと考えるところにあります。同社はクロスフィールズと協働で取り組む本プログラムを「Dive into the real society」と名付け、社会課題の現場に飛び込み、それを肌感覚で理解し、当事者意識をもって行動することで、目の前からでも社会を変えられる原体験をすることを目的としています。

■プログラム内容
派遣先 祐ホームクリニック
(宮城県石巻市で在宅医療の提供を
 中心とした診療所。本院は東京)
派遣元企業 (株)リクルートキャリア
派遣人数と職種 3名(営業職)
業務内容 ・在宅医療の横連携支援
・医療事務オペレーション改善
スケジュール 《9月》
 留職者、現地視察
《10月》
 出発報告会
 現地業務開始(計3ヶ月)
《来年1月》
 事後研修開始
 ワークショップ開催

9月初旬にはプログラム参加者3名が現地を訪問して実際の業務に触れる2泊3日の現地視察が実施されました。参加者のひとりは、「今まで仕事に手を抜いたつもりはない。だが、診療所のスタッフは自分よりはるかに『全力でやる』という想いが強く感銘を受けた」「顕在化した社会課題を見つけることは容易だが、本質的に理解するのは本当に難しい。じっくり取り組みたい」といったコメントを残し、本格的に始まる今後の現地業務への意欲を見せています。受入れ側の医療法人社団鉄祐会 祐ホームクリニック理事長・院長 武藤真祐氏からは、「ひとりの人間として目の前の人に何が出来るのか、まずそこから考えて欲しい。企業と一緒に取り組むことで、在宅医療患者によりよい生活支援が出来るような取組みとしていきたい」という言葉もあり、企業との連携を通じた、社会課題解決の促進に期待が高まります。なお、現地業務の終了後には、更に多くのリクルートキャリアの社員が参加するワークショップも開催する予定です。


【ご取材頂けます】
・国内団体を派遣先とした、留職の導入を決めた企業への取材(導入の背景、今後のプログラムへの期待など)
・国内留職を経験した社員及び受入れ団体への取材(10月より現地派遣開始、現地での活動シーンなど)


【直近の留職プログラムの事例(一部)】

企業名 派遣される社員 時期/期間 受け入れ先団体 状況
NTTデータ エンジニア 2014/4-6
(2ヶ月間)
カンボジア/
プノンペン
貧困層の生活と環境に優しい
改良かまどの普及を行うNGO
事後研修中
日産自動車 エンジニア 2014/8-9
(2ヶ月間)
インド/
アーメダバード
エネルギー問題解決のため
スマートグリッドを開発する社会的企業
事後研修中
パナソニック 営業職 2014/8
(1ヶ月間)
インドネシア/
ジャカルタ
電化率が低い農村部の住民にソーラーパネル
の普及を行う社会的企業
事後研修中
日本たばこ 人事 2014/7?9
(2.5ヶ月間)
カンボジア/
プノンペン
飲食産業を通じた人材育成/
カンボジア社会への貢献するを団体
現地派遣中
日立研究所 研究職 2014/9-11
(2.5ヶ月間)
インド/
チェンナイ
無電化地域に対して小型風力発電の
企画・販売する社会的企業
現地派遣中
リクルート 営業職
(3名)
2014/10-12
(計3ヶ月)
国内/東北 宮城県石巻市で在宅医療の提供を中心に
取り組む診療所。本院は東京
事前研修中

留職とは

【留職プログラムとは…】
企業の社員を数カ月間に渡って新興国のNPOに派遣し、本業のスキルを活かして現地の社会課題の解決に向けて活動する取り組み。現地社会の発展に貢献すると同時に、企業側としては、新興国の生活者を肌感覚で理解することで新たな事業の創出や、グローバルな環境で活躍できる人材の育成を目指すことができます。2014年9月現在でパートナー企業は20社まで拡大。インド・インドネシア等、アジア5ヶ国に既に30人の派遣実績があります。

【NPO法人クロスフィールズとは…】
『すべての人が、「働くこと」を通じて、想い・情熱を実現することのできる世界』をビジョンとし、『社会の未来と組織の未来を切り拓くリーダーを創ること』をミッションとするNPO法人。

NPO法人クロスフィールズの団体概要

法人名 特定非営利活動法人クロスフィールズ (東京都認証)
創業日 2011年5月3日
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル3F
電話番号:03-6417-4804
代表理事 小沼大地
ウェブサイト http://crossfields.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先:
NPO法人クロスフィールズ 担当:照沼(てるぬま)
TEL.03-6417-4804
お問い合わせフォームはこちら

▲ページトップに戻る

  • 企業にお勤めの方へ
  • プレスの方へ
  • サポーター受付
  • 留職プロジェクト紹介