2015年11月09日(月)プレスリリース|新興国「留職」プログラムのNPO法人クロスフィールズ

NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

HOME > 2015年11月09日(月)プレスリリース

 2015年11月09日(月)プレスリリース

  2015年11月09日(月)

日産の志賀副会長を招き、CSV経営をテーマにフォーラム開催
国連での「持続可能な開発目標(SDGs)」の採択を受け、
企業とNPOによる価値「共創」に期待さらに高まる

NPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表:小沼大地)は、日産自動車株式会社取締役副会長・株式会社産業革新機構代表取締役会長CEOを務める志賀俊之氏を招き、「事業性」と「社会性」の両立を目指す「CSV 経営」をテーマとしたフォーラムを、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)と共催で11月25日に開催します。先月ニューヨークで開催された国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、「ビジネスによる社会課題の解決」への要請が高まる中、企業と“社会課題のエキスパート”たるNPOの協働による新規事業やイノベーション創出など価値「共創」の取り組みに注目が集まっています。

CSV(Creating Shared Value)とは、2011年にハーバード大学のマイケル・ポーター教授らが提唱した経営モデルで、社会課題解決をビジネスの中心に据える新たな企業価値創造アプローチです。GE、ユニリーバなどが国連機関やNGOと連携した事例が世界的に有名ですが、日本でも味の素がガーナの栄養問題を解決するプロジェクトを現地NGOと協働するなど、先進的な取り組みも始まりました。そして、今年9月に「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されたことで、グローバル課題の解決に向けて、企業によるCSV経営の実践に対する期待が高まっています。

「持続可能な開発目標(SDGs)」は、国連加盟国が2030年までに人類が達成すべき17のゴールを定めたものです。「環境」「エネルギー」「雇用」「インフラ」など、企業による実践が不可欠な目標も多く含まれており、SDGsをきっかけとした新たな事業創出が世界的に注目されています。また、SDGsの実現にはセクターを越えた連携が有効とされ、ビジネス・パブリック・ソーシャルのトライセクターが協働して課題の解決を進める機運も高まっています。

SDGs採択を契機にますますCSVへの注目が高まる中、DTCとクロスフィールズは、日本企業によるCSV経営の理解と実践の加速を目的とし、第2回となるCSVフォーラムを共同開催します。本年は、基調講演に日産自動車・志賀副会長を迎え、CSVで企業が競争優位を築くための戦略についてご講演頂きます。さらに、「CSV時代のイノベーション戦略」の著者であるDTCパートナー・藤井剛氏、国際連合で人間の安全保障などに深く携ってきた経歴のあるDTCディレクター・田瀬和夫氏、クロスフィールズ代表・小沼らが登壇してCSV経営の可能性を議論します。


経営企画部門、新規事業部門 ご担当役員・ご担当者様向け CSVイノベーション フォーラム2015
~ビジネス・パブリック・ソーシャルセクターの“トライセクター”で創造するイノベーションの加速に向けて~ 日産自動車 副会長・産業革新機構 CEO 志賀俊之氏による基調講演

日時:2015年11月25日(水) 15:00~18:00 (開場 14:30)  会場: 丸ビルホール
主催:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、 NPO法人クロスフィールズ
詳細・申込み:http://www.deloitte.com/jp/semi2696
基調講演 持続的なCSV経営を目指して 日産自動車 副会長・産業革新機構 CEO志賀俊之氏
講演1 CSVが加速するトライセクターイノベーションの未来 DTC パートナー 藤井剛氏、ディレクター 田瀬和夫氏
講演2 日本企業のCSVの実践に向けた課題 クロスフィールズ 代表 小沼大地、副代表 松島由佳
パネル
ディスカッション
日本企業がCSV/トライセクターイノベーションへの挑戦を加速するためには


【ご取材いただけます】
お越し頂く場合、事前にクロスフィールズ 照沼までメール・電話にてご連絡ください
ご取材の相談は当日も承ります。


留職とは

【クロスフィールズとは…】
留職ブログラムの企画・実施を主力事業とし、『すべての人が、「働くこと」を通じて、想い・情熱を実現することのできる世界』をビジョンとし、『社会の未来と組織の未来を切り拓くリーダーを創ること』をミッションに掲げるNPO法人。

【留職プログラムとは…】
企業の社員を数カ月間に渡って新興国のNPOに派遣し、本業のスキルを活かして現地の社会課題の解決に向けて活動する取り組み。現地社会の発展に貢献すると同時に、企業側としては、新興国の生活者を肌感覚で理解することで新たな事業の創出や、グローバルな環境で活躍できる人材の育成を目指すことができます。2015年10月現在でパートナー企業は25社まで拡大。インド・インドネシア等、アジア7ヶ国に既に80人の派遣実績があります。

NPO法人クロスフィールズの団体概要

法人名 特定非営利活動法人クロスフィールズ (東京都認証)
創業日 2011年5月3日
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル3F
電話番号:03-6417-4804
代表理事 小沼大地
ウェブサイト http://crossfields.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先:
NPO法人クロスフィールズ(担当:照沼(てるぬま)) 03-6417-4804 info@crossfields.jp

▲ページトップに戻る

  • 企業にお勤めの方へ
  • プレスの方へ
  • サポーター受付
  • 留職プロジェクト紹介