NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

ページの先頭へ

事業紹介 / What We Do

留職プログラム

Corporate Volunteering Program

Flow
プログラムの流れ




  • 1
    実施検討
    概要設計

    企業のご担当者とともに、プログラム導入に向けた検討と
    プログラムの概要設計を行います。

    • プログラムの説明と、各社のニーズに則した導入プロセスのサポート
    • ご導入に際しての導入目的の明確化、派遣期間などの実施スキームの検討
    • 派遣者の募集・選定方法や、応募を促すための施策などの議論
  • 2
    派遣者の募集
    決定

    候補者を募集・選抜し、
    面談の上で派遣者を最終決定します。

    • クロスフィールズのスタッフも同席した、英語面接を含む候補者との面談の実施
  • 3
    派遣先団体と
    業務内容のマッチング

    約3ヶ月

    派遣者のスキルやご経験に応じた、派遣先団体と業務内容を
    テーラーメイドで選定/設計します。

    • 派遣者のスキルやこれまでの職務経験の聞き取り
    • 企業側の持つ派遣国やテーマ領域などのニーズのヒアリング
    • 適切な派遣先候補の選定と、現地を訪問しての業務内容の調整と安全面の確認



  • 4
    事前研修
    約2ヶ月

    現地業務に向けた事前準備として、
    全4回(各回2-3時間程度)の事前研修を日本国内で行います。

    • 派遣先団体が抱える課題の理解と参加者個人としての成長目標の設定
    • 課題解決に向けた活動の仮説構築と大まかなワークプランの策定
    • ビデオ会議を通じた派遣先団体との事前ディスカッション
    • 社内関係者に向けた出発報告会の開催
  • 5
    現地業務
    2-12ヶ月(応相談)

    いよいよ派遣者が現地に赴きます。
    最初の1週間で業務内容(Scope of Work)を最終化し、
    団体が抱える課題の解決を目指して、
    派遣先団体の一員として現地業務に取り組みます。

    • クロスフィールズのスタッフによる現地同行(業務開始時1週間のみ)
    • 1on1セッションの実施(毎週~隔週60分程度)
  • 6
    事後研修
    約2ヶ月

    現地業務を完遂して帰国した派遣者に対し、
    全3回(各回2-3時間程度)の事後研修を日本国内で行います。

    • 現地活動の振り返りと、学び・気づきの本業への落とし込み
    • 社内関係者に向けた帰国報告会の開催
    • 派遣者のリーダーシップの変化についてのアセスメントの実施
    • 他社参加者との合同研修


  • 7
    フォローアップ

    プログラム終了後も派遣者に対し、
    継続的な学びと振り返りの機会を提供します。
    また、参加者の成長などプログラムの効果検証も行います。

    • 留職経験者(アラムナイ)向けイベントの定期開催
    • アセスメントツールを活用した派遣者の帰国後の活躍の調査と分析

Support
クロスフィールズのサポート

1on1セッション

現地業務中の定期的な面談で学びと成長を促進

週1回程度の頻度でプロジェクトマネージャーと
約60分のビデオ会議を実施

活動の進捗状況の確認と翌週の目標設定とともに、
事前研修で設定した成長目標ごとの振り返りを実施。

アセスメント

リーダーシップの変化度合を活動前後で可視化

リーダーに必要な7つの要件を、
具体的な行動基準をもとに定量的に評価

プロジェクトマネージャーが、派遣先団体からのコメントを踏まえて評価。現地業務開始直後と事後研修終了時の2回で変化を測定。

『採用基準』『生産性』の著者である
伊賀泰代氏と共同開発したツールを活用

安全管理体制

  • 安全面に配慮したプロジェクトの運営

    クロスフィールズでは、派遣先地域や活動エリアの選定にあたり、職員による事前の現地視察を必ず実施し、専門家と策定した基準に基づいて安全上の問題がないかの判断をしております。また、国際的なセキュリティサポート会社であるインターナショナルSOS社と連携し、タイムリーな安全情報に基づいた安全に配慮したプログラムの運営を行っています。

  • 有事の際の緊急連絡体制の構築

    留職者・派遣先団体・クロスフィールズ担当者の間での緊急連絡体制を構築し、有事の際には、クロスフィールズの担当者が関係者へと迅速な報告を行います。

  • 研修を通じた安全管理意識の醸成

    事前研修や現地同行を通じ、新興国経験の豊富なクロスフィールズの担当者が、安全管理上の留意点・注意点などを指導させて頂きます。また、渡航前には、インターナショナルSOS社が提供するトラベルリスク対策のe-learningプログラムを必ず受講して頂きます。

リモートチームオプション

現地で活動する留職者を国内にいる社員がサポート

派遣先団体が抱える課題の解決に、
国内から遠隔で貢献する社員をチームとして組成

・異なる職種の社員がそれぞれの専門性を活かし、チーム
 として貢献
・留職者の現地での学びや気づきを他の社員に対しても伝播

Contactお問い合わせ

企業の方、プレスの方、個人の方など、クロスフィールズに関するお問い合わせは
以下のフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

TEL:03-6417-4804(平日:9:00〜17:00)