NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

新興国「留職」プログラム

よくある質問

プログラムの詳細について

Q現地派遣期間の上限はありますか?また、最適な派遣期間はどの程度でしょうか?
A派遣期間は1ヶ月~1年間という期間のなかで、各社の状況・ニーズに応じて設定します。目的に応じて最適な期間は異なりますが、原則として2ヶ月間以上の派遣を推奨させて頂いております。
Q業務で使う言語は現地語なのでしょうか?
A使用言語は基本的に英語です。派遣先国の多くでは英語が母語ではありませんが、本プログラムでは英語での業務環境を持つ団体のみを選定するため、現地語を話せる必要は特にありません。
Q現地業務中の安全管理体制はどうなっているのでしょうか?
A外部機関や派遣先団体とも連携し、安全面に配慮したプロジェクト運営を徹底するとともに、有事の際の緊急連絡体制を構築しております。詳しくはこちらをご覧ください。
Q帰国後のサポートはあるのでしょうか?
A現地業務期間が終わって帰国した後には、全2-3回の事後研修を日本国内で実施します。現地での気づきや学びを振り返り、現地での経験を本業に活かしていく支援をさせて頂きます。また、留職プログラムの卒業生で構成される会社横断の同窓会組織もあり、プログラム終了後にも学び直しの機会を定期的に提供させて頂いています。

派遣先の団体と地域について

Q派遣先はNPOだけなのでしょうか?企業や行政機関への派遣はできますか?
A法人格にはこだわっておらず、企業や行政機関への派遣も実施しています。ただし、NPOであれ企業であれ、社会課題を解決する現場を持っている組織にのみ派遣しています。
Q留職先はどのようにして探しているのでしょうか?
A派遣者のスキルやご経験、更には企業のニーズに応じて、クロスフィールズ独自のネットワークを活用して最適な留職先候補を調整しております。選定に際しては、必ずクロスフィールズの職員が事前に視察を実施し、協力体制や安全面などのチェック項目を確認してから最終決定をしています。
Qアジア地域以外への留職は可能でしょうか?
A現在は東南アジア及び南アジアのみが対象地域となっております。将来的には中東・アフリカなどへの派遣も検討していますが、現在は行っておりません。
Q海外ではなく、日本国内に派遣することは可能でしょうか?
A可能です。クロスフィールズでは2014年度より国内留職の事業を開始しています。具体事例など詳しくはこちらよりお問合せください。

プログラムへの派遣対象者について

Qどのような基準で派遣する社員を選定しているのでしょうか?一定の英語力は必須でしょうか?
A「やる気」「マインドセット」「スキル」「語学力」などの基準で、候補者の選抜を行わせて頂きます。英語力については、派遣者の持つスキルを活かして現地での業務を推進できる最低限のレベルが求められます。選考にあたっては、クロスフィールズのスタッフによる英語面談も行わせて頂きます。
Q若手以外の社員も派遣対象になりますか?
Aクロスフィールズとして派遣対象者の年齢に制限は設けておりません。各社が目的に応じて派遣者を選定しており、これまでにも40~50代の社員を派遣した実績もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

プログラムの効果・費用について

Q人材育成面などプログラムの成果・効果はどのように測っているのでしょうか?
A派遣者のリーダーシップがどのように変化したかを可視化するアセスメントを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
Qプログラムの費用はどれくらいでしょうか?
A各社のニーズに応じて派遣国や派遣期間などをオーダーメイドで設計しているため、定価の設定はありません。詳しくはこちらからお問合せください。

その他

Q実際に留職に行った方の体験談等を直接聞く機会はありますか?
Aクロスフィールズでは、定期的に留職体験者の講演会などを行っております。最新のイベントについてはホームページ上でご覧いただけます。
Qこれまで実施した プロジェクトの一覧を見たいのですが、見られますか?
Aこちらの留職プロジェクト紹介をご覧ください。
Q勤め先の企業は留職プログラムを導入していません。個人として参加することは可能でしょうか?
Aクロスフィールズの留職プログラムは全て法人向けで、残念ながら個人での参加はできません。ただし、お勤め先が留職を導入していない場合でも、導入に向けてクロスフィールズのスタッフとともに担当部署に働きかけることも可能です。ご関心がある方は。こちらからご相談下さい。
Q留職の取り組みを取材したいのですが、どうすればいいでしょうか?
Aこちらの専用ページよりお問合せください。

留職プログラムにご関心をお持ちの皆さまへ

・留職プログラムの導入にご関心をお持ちの企業のご担当者様
・留職プログラムにご関心をお持ちの企業にお勤めの方

詳細なご説明をさせて頂きますので、お問い合わせフォームにてご連絡下さい。