NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

HOME > ニュース >  NEWS > PRESS RELEASE一覧

NEWS

PRESS RELEASE一覧 全文表示 | タイトル表示

全記事のRSSフィードです
  • [2017.04.10]江崎グリコの部長級社員がASEANの社会課題の現場で体感 -クロスフィールズが経営幹部・役職者向けプログラムを本格化、 社会課題とCSVを体感するプログラムを実施-

    経済的価値と社会的価値を同時に追求するCSV(Creating Shared Value)経営に注目が集まっています。CSVとは、事業を通じて社会課題を解決することでイノベーションを創出し、他社に対する競争優位を築くという考え方で、ユニリーバやGEなどが実践しているとされ、ハーバードビジネスレビューやリクルートワークス研究所の機関誌などでも相次いで特集が組まれています。ただしCSV経営の実践には極めて高度な能力が必要だとされ、慶応大学大学院経営研究科の岡田正大教授は「社会や環境に対する鋭い感受性や、立場が異なる人への配慮など、繊細な感性が必要」と指摘しています(※)。そうした中、CSV経営に本腰を入れるにあたり、CSVを実践できる経営人材の育成に取り組む企業が現れ始めています。
    ※リクルートワークス No.140 「CSV経営時代の人材育成」より引用
     
    社会課題体感フィールドスタディ
     
    江崎グリコ株式会社(以下グリコ.大阪府大阪市)は、2016年11月から2017年2月にかけ、20名の部長職の社員をASEAN地域へと派遣するフィールドスタディを実施しました。日本国内での事前・事後の研修を挟んで、フィリピン・ベトナムそれぞれに10名規模の社員を約1週間派遣し、社会課題の現場を視察するとともに、現地で活動を行う計9団体のリーダーと対話を行いました。
     
    本フィールドスタディの総合コーディネーターを務めたNPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表:小沼大地)は、これまで新興国「留職」プログラムを通じて積み重ねてきたリーダー育成の経験やASEAN現地団体とのネットワークを活かし、現地視察・リーダーとの対話の機会のアレンジ、視察後の学び・気づきの議論のファシリテーションなど、グリコ部長職と社会課題の現場との橋渡しの役割を担いました。クロスフィールズでは、今後も国内外の社会課題の現場を「体感」する経営幹部・役職者向けのプログラムを展開していくことで、企業とNGOとの相互理解を更に深めるとともに、セクターを超えた課題解決の動きを促進していくことを目指していきます。
     
    詳細は、プレスリリースをご覧ください。
     
    ▼プレスリリース
    江崎グリコの部長級社員がASEANの社会課題の現場で体感
    -クロスフィールズが経営幹部・役職者向けプログラムを本格化、
    社会課題とCSVを体感するプログラムを実施-
    http://crossfields.jp/event/20170410_pr/

    ▲ページトップに戻る

  • [2015.11.09]日産の志賀副会長を招き、CSV経営をテーマにフォーラム開催
    国連での「持続可能な開発目標(SDGs)」の採択を受け、企業とNPOによる価値「共創」に期待さらに高まる

    NPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表:小沼大地)は、日産自動車株式会社取締役副会長・株式会社産業革新機構代表取締役会長CEOを務める志賀俊之氏を招き、「事業性」と「社会性」の両立を目指す「CSV 経営」をテーマとしたフォーラムを、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)と共催で11月25日に開催します。先月ニューヨークで開催された国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、「ビジネスによる社会課題の解決」への要請が高まる中、企業と“社会課題のエキスパート”たるNPOの協働による新規事業やイノベーション創出など価値「共創」の取り組みに注目が集まっています。

     

    詳細は、プレスリリースをご覧ください。

     

    ▼プレスリリース
    日産の志賀副会長を招き、CSV経営をテーマにフォーラム開催
    国連での「持続可能な開発目標(SDGs)」の採択を受け、企業とNPOによる価値「共創」に期待さらに高まる
    http://crossfields.jp/event/20151109_pr/

     

     

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2015.10.07]ホンダ経営企画がNGOとの対話を通じて地球規模の社会課題を考える
    ~クロスフィールズがインドネシアNGOの視察をコーディネート~

    NPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表理事:小沼大地)が、本田技研工業(株)(以下、ホンダ)の経営企画部向けにインドネシアで活動するNGOの視察をコーディネートしました。ホンダの役員を含む7名の社員が、7月下旬に約1週間、大気汚染や交通渋滞などの都市問題に取り組むNGOや、再生可能エネルギーやゴミ問題などの環境問題に取り組むNGOなど、合計7つの団体を訪問。クロスフィールズは、現地NGOとホンダの橋渡し役としての役割を果たしました。

     

    ワークショップに参加された方の声などご紹介しておりますので、プレスリリースをご覧ください。

     

    ▼プレスリリース
    ホンダ経営企画がNGOとの対話を通じて地球規模の社会課題を考える
    ~クロスフィールズがインドネシアNGOの視察をコーディネート~
    http://crossfields.jp/event/20151007_pr/

     

     

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2015.03.25]リクルートキャリアが『地方×雇用』をテーマに事業アイデアを考える ~国内の社会課題を焦点にワークショップを実施~

    2015年3月初旬に、(株)リクルートキャリア向けに『地方×雇用』をテーマにしたワークショップを開催しました。リクルートキャリアの管理職を含む15名の社員が、宮城県石巻市を実際に訪れた上で、「定年退職後のシニア層を活用した雇用創出」などの事業アイデアを考案しました。なお、リクルートキャリアは昨年秋に、国内留職を日本企業で初めて導入し、3名の社員を約3ヵ月間にわたって石巻市の団体に派遣しております。

     

    ワークショップに参加された方の声などご紹介しておりますので、プレスリリースをご覧ください。

     

    ▼プレスリリース
    リクルートキャリアの社員が『地方×雇用』をテーマに事業アイデアを考える
    ~クロスフィールズが国内の社会課題を焦点にしたワークショップを実施~
    http://crossfields.jp/event/20150325_pr/

     

    0324-1

     

     

    本ワークショップは、NPO 法人アスヘノキボウNPO法人ETIC.NPO 法人Switch(株)ソーシャルプロジェクト(愛さんさん宅食)(医社)鉄祐会祐ホームクリニック、(株)渡冷、他の皆様のご協力の元、実現致しました。この場をもってお礼申し上げます。

    ▲ページトップに戻る

  • [2015.02.20]中小機構主催のJapan Venture AwardsをクロスフィールズがNPOとして初受賞

    2015年2月17日、「Japan Venture Awards 2015」にて、クロスフィールズの代表・小沼大地がJVA審査委員会「グローバル人材育成支援特別賞」を受賞しました。本賞は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が主催する、新たな事業の創出や市場開拓に挑戦する高い志をもつベンチャー企業等の経営者を称える表彰制度で、過去13回の開催で延べ226名もの受賞者を送り出しております。今年は過去最高の152件の応募があり、厳しい審査を通過した15人の経営者が表彰されました。なお、クロスフィールズはNPO法人として初めての受賞でした。

     

    2015年2月17日に六本木ヒルズ森タワーにて表彰式が開催され、その模様もプレスリリースの中でご紹介しております。是非ご覧ください。

     

    【プレスリリース】

    中小機構主催のJapan Venture AwardsをクロスフィールズがNPOとして初受賞

    http://crossfields.jp/event/20150219_pr/

     

    【Japan Venture Awards詳細】

    Japan Venture Awards 2015 ホームページ(受賞者一覧がご覧いただけます)

    http://j-venture.smrj.go.jp/

     

    DSCF0475

    PR候補02

     

     

     

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2014.11.19]企業人事のキーパーソン2462人に選ばれた HRアワード2014を「留職プログラム」が受賞

    日本の人事部「HRアワード2014」プロフェッショナル教育・研修部門にて、「留職」プログラムが、優秀賞を受賞しました。本アワードは、会員7万人の「日本の人事部」が主催する日本最大級のヒューマンリソース分野の表彰制度で、人事キーパーソンの投票に基づいた賞です。今年は約200ものエントリーがあり、また、過去最高の2462人に投票を頂き大変激戦となりました。

     

    2014年11月19日にHRカンファレンス-秋-の会場で表彰式が開催され、その模様もプレスリリースの中でご紹介しております。是非ご覧ください。

     

     

    【プレスリリース】

    企業人事のキーパーソン2462人に選ばれた  HRアワード2014を「留職プログラム」が受賞

    http://crossfields.jp/event/20141119_pr/

     

    【HRアワード詳細】

    日本の人事部「HRアワード」ホームページ(受賞者一覧がご覧いただけます)

    http://hr-award.jp/

     

    【お知らせ】

    ~クロスフィールズがインテリジェンスとTeach For Japanと共催するキャリアセミナー~

    昨年HR アワード書籍部門再優勝を受賞した『採用基準』の著者・伊賀泰代氏と学ぶ キャリアセミナー

    マッキンゼーの元採用マネージャーが語る グローバルに通用するキャリアの築き方

    http://doda.jp/promo/seminar/20141126.html

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2014.10.08]10/22、日本GE・DTC・クロスフィールズの3社講演 ~『CSV』をテーマに企業向けフォーラムを共催~

    クロスフィールズは、デロイト トーマツ コンサルティング(株)と共催で日本GE(株)社長を招き、CSV(Creating Shared Value)をテーマとしたフォーラムを10/22(水)都内で開催致します。

     

    CSVとは、ハーバード大学のマイケル E. ポーター教授らが提唱する経営モデルで、社会課題解決をビジネスの中心に据える新たな企業価値創造アプローチです。GEを始め、ウォルマート、ネスレ、グーグルなどが実践しているとされ、日本でもCSVに関する書籍が、日本経済新聞ビジネス書ランキング第2位として掲載されるなど、日本企業の注目度も急激に高まっております(※)

     

    ※『CSV時代のイノベーション戦略』、著者は本フォーラムを企画したDTCのパートナー・藤井剛氏

     

    詳しくは以下、プレスリリースをご覧ください。

     

    日本GE・デロイト トーマツ コンサルティング・クロスフィールズの3社講演

    『CSV』をテーマに、コンサルティングファームとNPOが企業向けフォーラムを共催

    http://crossfields.jp/event/20141008_pr/

     

    フォーラム詳細・お申込み

    https://tohmatsu.smartseminar.jp/public/seminar/view/1840

     

     

     

     

     

     

     

    (小沼とデロイト トーマツ コンサルティング パートナー・藤井氏)

    ▲ページトップに戻る

  • [2014.09.29]リクルートキャリアが在宅医療の現場に社員を派遣 ~初の国内「留職」をクロスフィールズが東北でスタート~

    2014年10月、NPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表理事:小沼大地)は、これまで海外で展開していた「留職」プログラムを、この度、初めて日本国内に展開致します。『国内留職』を初めて導入するのは、株式会社リクルートキャリア。東北の在宅医療の現場に合計3か月間、社員を派遣し、在宅医療の横連携支援や、医療事務オペレーション改善の活動に取り組みます。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

     

    リクルートキャリアが在宅医療の現場に社員を派遣
    ~初の国内「留職」をクロスフィールズが東北でスタート~

    http://crossfields.jp/event/20140929_pr/

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2014.06.16]ビジネスと社会貢献を両立するユニークなモデルを評価され、日経ソーシャルイニシアチブ大賞 新人賞を受賞

    2014年6月、日本経済新聞社が主催する「第二回日経ソーシャルイニシアチブ大賞」で新人賞を受賞致しました。今回クロスフィールズが受賞した「新人賞」は、今年新設された賞で、創業3年以内の事業が対象となります。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

     

    留職を手掛けるクロスフィールズが、ビジネスと社会貢献を両立するユニークなモデルを評価され

    日経ソーシャルイニシアチブ大賞 新人賞を受賞

    http://crossfields.jp/event/20140616_pr/

     

    ▼日本経済新聞朝刊(22面)特集記事
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFE0504C_V00C14A6970M00/

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2014.03.25]クロスフィールズがトヨタ自動車向けに BOPビジネスをテーマとしたワークショップを開催

    2014年3月、クロスフィールズはトヨタ自動車株式会社向けに、“BOPビジネス”をテーマとした『未来事業創造ワークショップ』を開催しました。米国NPO法人コペルニクの協力のもと、トヨタ自動車の十数名の社員が、「モビリティ(移動)」を切り口にして、現地の社会課題を解決するという視点で事業アイデアを検討しました。

     

    なお、クロスフィールズは、これまでに、パナソニック株式会社や株式会社日立ソリューションズ向けのワークショップを実施しており、自動車業界向けの実施は初めてとなります。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

     

    クロスフィールズがトヨタ自動車向けに BOPビジネスをテーマとしたワークショップを開催
    ~大手企業社員とNPO代表とが、インドネシアの社会課題を丸一日かけて議論~

    http://crossfields.jp/event/20140325_pr/

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2013.12.03]NTTデータ・日産などが「留職」を新規導入、導入企業数は10社を突破 

    クロスフィールズの「留職」プログラムの導入企業が10社を突破いたしました。
    2013年度に新規に導入を決めたのは、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、株式会社電通国際情報サービス、日産自動車株式会社、株式会社日立ソリューションズ等の5社で、自動車など新たな業種の企業が加わっています。
    昨年度から導入している6社でも全社で継続導入が決定し、これで導入企業は合計11社となりました。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

     

    NTTデータ・日産などが、クロスフィールズの「留職」プログラムを新規導入

    導入企業数は10社を突破 ~新興国NPO等へと社員を派遣~

    http://crossfields.jp/event/20131203_pr/

     

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2013.06.13]クロスフィールズが第2回日本HRチャレンジ大賞で奨励賞を受賞

    NPO法人クロスフィールズの運営する新興国「留職」プログラムが「第2回日本HRチャレンジ大賞」(主催/日本HRチャレンジ大賞実行委員会、後援/東洋経済新報社・ビジネスパブリッシング・HR総合調査研究所)で奨励賞を受賞しました。NPO法人が同賞を受賞するのはクロスフィールズが初めてのこととなります。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

    http://crossfields.jp/event/20130613_pr/

    ▲ページトップに戻る

  • [2012.12.19]2013年1月 日本企業の社員が相次いでアジア新興国へ「留職」

    クロスフィールズの「留職」プログラムを活用し、日本企業6社(テルモ株式会社、日本電気株式会社、パナソニック株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日立ハイテクノロジーズ、株式会社ベネッセコーポレーション)が2013年1月から順次、社員を東南アジア・南アジアのNGO・社会的企業に派遣します。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

    http://crossfields.jp/event/20121219_pr/

    ▲ページトップに戻る

  • [2012.11.21]クロスフィールズがBOPビジネス創出の支援事業(ワークショップ事業)を本格化

    クロスフィールズのBOPビジネスのアイデア創出に向けたワークショップ事業が本格的にスタートしました。本ワークショップは、新興国のBOP層の生活や社会課題を熟知する海外NPOのスタッフをゲスト講師として迎え、数ヶ月間にわたって開催されます。今年度はパナソニック株式会社、株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社日立ソリューションズなどで既に開催されており、部署や年次の異なる15名程度の社員が参加しております。

     

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

    http://crossfields.jp/event/20121121_pr/

    ▲ページトップに戻る

  • [2012.07.27]パナソニックに続き、テルモ、NEC、ベネッセが「留職」で今年度に新興国へ社員を派遣

    NPO法人クロスフィールズの「留職」プログラムが、2011年度より活用の始まっているパナソニック株式会社に続き、テルモ株式会社、日本電気株式会社、株式会社ベネッセホールディングス等の企業で2012年度に導入されることが決定しました。

    詳しくはこちらのURLよりプレスリリースをご覧ください。

    http://crossfields.jp/event/20120727_pr/

     

    ▲ページトップに戻る

  • [2012.05.01]日本企業初となるパナソニックのベトナム「留職」が修了

    この度、クロスフィールズによる「留職」プログラムが日本企業で初めてパナソニック株式会社によって実施され、半年間にわたるベトナムでの「留職」が修了したのでお知らせ致します。

     

    今回のパナソニックの「留職」では、ベトナムの中部ダナンに拠点を置く現地NGOに赴き、無電化地域に対し太陽光を活用した調理器具を提供する団体で活動にあたりました。同NGOが製造する貧困層向けの商品改良に取り組むことを通じて、人材育成や途上国の市場への理解等に対し大きな成果をあげることができました。

     

    詳しくはこちらのURLよりニュースリリースをご覧ください。

    http://crossfields.jp/event/20120501_pr/

    ▲ページトップに戻る

  • [2012.02.06]クロスフィールズの「留職」プログラムをパナソニックが日本企業として初めて導入へ

    NPO法人クロスフィールズの「留職」プログラムを活用し、パナソニック株式会社のプロダクトデザインを専門とする技術職社員がベトナムのNGOで業務を開始します。同社員は本日2月6日に着任し、約1ヶ月間の業務にあたります。

    詳しくはこちらのURLよりニュースリリースをご覧ください。

    http://crossfields.jp/event/20120206_pr/

    ▲ページトップに戻る

▲ページトップに戻る