NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

HOME > 2017年12月28日(木)プレスリリース

2017年12月28日(木)プレスリリース

 2017年12月28日(木)

ホンダ・ドコモなど7社の幹部社員がインドで2030年の未来洞察に挑む
-社会課題を「体感」する短期滞在型プログラムを
クロスフィールズが本格化-

NPO法人クロスフィールズは、巨大マーケットであると同時に、社会課題を解決するビジネスが数多く生まれるインドを舞台に、①社会起点マインドの醸成、②インド社会と世界の未来洞察、③自社事業との接続を目的とした短期滞在型プログラムを実施します。幹事企業として参画する本田技研工業、NTTドコモと共同で企画を立案して参加者を募ったところ、一般公募なしで定員を上回る申込があり、日立製作所、NECなど計7社から13名の経営企画部門や新規事業部門の部課長層が参加することとなりました。来年1月13日の事前セッションを経て、1月21日よりムンバイ・バンガロールを1週間にわたり訪問します。

ロゴ

ハーバード大学のマイケル・ポーター教授が打ち出した、社会的価値と経済的価値の両方を創出することで競争優位を築くCSV(Creating Shared Value)という戦略コンセプト。2015年に国連が採択した、今後15年の世界の共通指標であるSDGs(Sustainable Development Goals)。これらの概念は、昨今の日本企業の戦略のなかで大きな位置づけを占めるようになっています。しかし一方で、社会課題とは一体何なのかという肌感覚を持ち、そこに対し何ができるかに答えを持つビジネスパーソンは多くありません。

本プログラムでは、1週間のインド現地視察に加え、事前・事後の国内セッションを用意。CSVやSDGsについて体系的に学ぶとともに、社会課題を捉えるマインドを醸成していきます。参加者は社会課題の現場を五感を使って「体感」するとともに、現地で社会課題に対峙するリーダーとの対話を行います。更には、2030年に立ち現れる未来を様々な関係者との対話を通して洞察し、その未来に向けて参加者と所属企業がどのような中長期的な戦略を描き、どんな行動を起こすのかを考え抜くという野心的なプログラムです。

今回のプログラムは、『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経BP社)の著者としても知られる早稲田大学ビジネススクールの入山章栄准教授がアドバイザーを務め、事前・事後のセッションにも登壇します。また、現地セッションには、リコーで未来技術総合研究センター所長などを歴任された新規事業開発の専門家である瀬川秀樹氏が同行し、参加者の学びとアウトプットのサポートを行います。

クロスフィールズでは、今後も今回のような複数企業が参加する形態での短期滞在型のフィールドスタディを個社向けのプログラムとともに継続的に展開していく予定です。

フィールドスタディについてはこちらをご覧ください

<プログラムの流れ>

日本国内
(東京)
Start-Up Session
1/13(土)

  • 入山氏によるイノベーション理論
  • SDGs/インドについての基礎講義
  • 未来洞察の初期的議論
  • Field Sessionのブリーフィング

インド
(ムンバイ/バンガロール)
Field Session
1/22(月)-1/26(金)

  • 社会課題の現場の「体感」
  • 現地NGOや社会的企業の活動現場の視察とリーダーとの対話
  • 国連機関/投資機関との意見交換
  • 現地での学びの振り返り

日本国内
(東京)
Next Step Session
2/17(土)

  • 参加者による最終発表
  • 講師による講評
  • プログラム全体を通した学びのラップアップと今後に向けた宣言

<視察先の例>

活動地域 分野 視察先の概要
インド全域 小売 / 物流・流通 / 金融 村落部の小規模小売店を流通で支援する社会的企業
インド南部 教育 識字教育プログラム/教材を開発・提供するNGO
バンガロール ヘルスケア ICT技術を使い農村の医療改善に取組む社会的企業
ムンバイ ごみ問題・リサイクル ごみ問題改善に取り組む社会的企業
インド全域/インドネシア等 社会的投資/インキュベーション 社会的企業に特化したベンチャーキャピタル

プログラムの概要

目的 社会起点マインドの醸成
社会課題の現場を体感するとともに、課題解決に先進的なアプローチで取り組む民間企業やNGOのリーダーたちとの対話から刺激を受け、社会起点で物事を発想するマインドを養う
インド社会と世界の未来洞察
様々な業界で活動するステイクホルダーを訪問、社会課題を観察し、他社・他業界の参加者とともにインド社会と世界の2030年の未来の姿について洞察する
自社事業との接続
洞察した世界の未来の姿に向け、自社及び参加者自身が今後何をしていくべきかのネクストステップについて考える  
日程 国内Start-Up Session      1/13(土)
インドField Session(5日間)   1/22(月)-1/26(金)
国内Next Step Session     2/17(土)
対象者 自社でのCSV事業の推進をリードしていくことが期待される方々
  • 主に経営企画部門、新規事業部門、CSR部門、人事部門向け
  • 若手リーダー層から経営幹部までを幅広く想定
  • 英語力は不問(Field Sessionでは通訳を用意させて頂きます)
定員:8-12名程度
訪問先 インド (ムンバイ / バンガロール) 
参加条件 原則として全日程への参加が可能なこと
各セッションに参加するにあたって準備・用意すべき課題に対して真摯に取り組むこと

プログラムアドバイザー

入山 章栄 (Akie Iriyama) 早稲田大学ビジネススクール 准教授

クロスフィールズlogo

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で、主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務 に従事した後、2008 年に米ピッツバーグ大学経営大学院より Ph.D.を取得。 同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。 2013年より現職。「Strategic Management Journal」「Journal of International Business Studies」など国際 的な主要経営学術誌に論文を多数発表。著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経 BP 社) など。

コーディネーター

瀬川 秀樹 (Hideki Segawa) クリエイブル 代表

クロスフィールズlogo

大阪大学工学部精密工学科卒業。2014年9月末まで(株)リコーに32年半務め、新規事業開発センター副所長・未来技術総合研究センター所長などを歴任。シリコンバレーでのCVC(Corporate Venture Capital)の立ち上げ、推進も行う。また、BOP Project(世界の貧困層から新規事業を起こす)を開始し、リーダーとして推進。2014年10月に独立し、ベンチャー~大企業の新規事業のアドバイス、若手を元気にする講演・研修、文科省や経産省のアントレプレナー育成プログラムのメンターなどを行っている。

山本 未生 (Mio Yamamoto) 一般社団法人WIT共同設立者&代表理事兼業務執行理事

※ コーディネーター兼通訳としてField Sessionに同行

クロスフィールズlogo

東京大学教養学部に在学中、マレーシアの孤児院でのインターンを経て、戦略・ネットワーク・資金の不足が、非営利団体のミッション達成を妨げていることを実感。SVP東京のパートナーとして7年間、革新的な社会起業家を「汗と時間とお金の投資」で支援。2011年、東日本大震災を機に一般社団法人WIA(現WIT)を設立。2013年7月より同代表理事。ORSC®(システム・コーチング®)のトレーニングプログラム応用コース修了。英語日本語双方での講演多数。2013年MITスローン・スクール・オブ・マネジメントでMBAを取得。

小沼 大地 (Daichi Konuma) 特定非営利活動法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事

クロスフィールズlogo

一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊として中東シリアで活動した後、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて勤務。2011年5月、ビジネスパーソンが新興国で社会課題解決にあたる「留職」を展開するNPO法人クロスフィールズを創業。2011年に世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Shaperに選出、2016年にハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者20人」に選出される。国際協力NGOセンター(JANIC)の理事、新公益連盟の理事も務める。著書に『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)がある。

プログラム詳細

日時 内容 会場/場所
国内
Start-Up
Session
1/13(土)
10:00~17:00
  • イントロダクションと本セッションの意義
  • 講義①:「イノベーションを生み出すリーダーシップのあり方」 
  • 参加者の自己紹介/参加動機の共有
  • 講義②:新興国NGOと社会課題解決
  • 講義③:インド社会の現状と課題
  • 現地訪問先の紹介とField Sessionのガイダンス
  • 仮説構築に向けたワーク/ディスカッション
都内
インド Field Session 1/21(日) 夜の時間帯にムンバイ市内ホテルにて集合)
参加者でのキックオフディナー
インド(ムンバイ)
1/22(月)
  • イントロダクション
  • 国連機関訪問とインド社会課題総論の聴講
  • CSV事業への投資を行う社会的投資機関オフィス訪問
  •  
  • 学びの振り返り・共有セッション
インド (ムンバイ)
1/23(火)
  • 留職プログラムの活動現場の視察
  • 企業と協働してCSV事業を行うNGOのオフィス訪問と現地で活動を牽引するリーダーとの対話
  • 学びの振り返り・共有セッション
  • 現地リーダーとの交流夕食会
インド(ムンバイ)
1/24(水) CSV事業を推進する社会的企業の視察
中間地点での学びの振り返り・共有セッション
(夕方頃にバンガロールへと移動)
インド(ムンバイ/ バンガロール)
1/25(木) CSV事業を推進する社会的企業の視察
中間地点での学びの振り返り・共有セッション
(夕方頃にバンガロールへと移動)
インド(ムンバイ/ バンガロール)
1/26(金) CSV事業を推進する社会的企業の現場視察
社会的企業を推進するリーダーのたちとの対話
Field Sessionの最終ラップアップ・共有セッション
(夜の時間帯にバンガロール市内ホテルにて解散)
インド(ムンバイ/ バンガロール)
国内Next StepSession 2/17(土)
10:00~17:00
講義④:CSV事業の推進に向けて
参加者による最終発表
-個人としての学び(社会課題の捉え方)
-CSV事業や社会課題解決を今後どのように事業戦略に落とし込むか
-自社で今後なにを具体的に実践していくのか
プログラム全体の総評
※ Next Step Sessionは参加企業の方々であればオブザーバー参加が可能です
都内

クロスフィールズlogo

本フィールドスタディを主催するNPO法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表:小沼大地)は、『すべての人が「働くこと」を通じて、想い・情熱を実現することのできる世界』『企業・行政・NPOがパートナーとなり、次々と社会課題を解決している世界』をビジョンとし、『枠を超えて橋をかけ 挑戦に伴走し 社会の未来を切り拓く』をミッションに掲げ活動を進めています。社会課題解決の現場に企業の社員が飛び込み、現地のNPOや社会的企業とともに課題解決に取り組む新興国「留職」プログラムを通じて積み重ねてきたリーダー育成の知見やアジアで活動する現地団体とのネットワークを活かし、現地視察・リーダーとの対話の機会のアレンジ、視察前後の学び・気づきの議論のファシリテーションなど、各社経営幹部と社会課題の現場との橋渡しの役割を担います。クロスフィールズは、今後も国内外の社会課題の現場を「体感」する経営幹部・役職者向けのプログラムを展開していくことで、企業とNPOとの相互理解を更に進めるとともに、セクターを超えた課題解決の動きを促進していきます。

法人名 特定非営利活動法人クロスフィールズ (東京都認証)
創業日 2011年5月3日
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル4F
電話番号:03-6417-4804
代表理事 小沼大地
ウェブサイト http://crossfields.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先
NPO法人クロスフィールズ 広報/一門(いちかど)真由美 Tel:03-6417-4804 Email: mayumi.ichikado@crossfields.jp

▲ページトップに戻る

  • 企業にお勤めの方へ
  • プレスの方へ
  • サポーター受付
  • 留職プロジェクト紹介