NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

HOME > 団体紹介 >  チームメンバー

チームメンバー

Staff

明るさと前向きさでチーム・
クロスフィールズを引っ張る
リーダー

共同創業者として2011年5月にクロスフィールズを創業。現在は代表として経営全般を統括するとともに、法人営業活動などを担当。
大学卒業後に青年海外協力隊としてシリアに赴任し、現地NPOとともにマイクロファイナンスや環境教育のプロジェクトに携わる。
その後、コンサルティングファームでビジネス経験を積んだ後、共同創業者の松島とともにクロスフィールズを創業。
学生時代からスポーツをこよなく愛し、中高では軟式野球に、大学ではラクロスに没頭する。(ラクロスではU21日本代表に選出される)
好きな言葉は「情熱と工夫のあるところ、必ず道は拓ける」。持ち前の明るさと前向きさでチームを引っ張る。

NPOとビジネスの2つの世界を
繋ぐ、留職プロデューサー

2011年5月、クロスフィールズを共同創業。

NPOを創業した父の影響を受け、ソーシャルセクターの持つ可能性を感じ育ち、大学在学中は、カンボジアの児童買春問題に取り組むNPOにて活動。卒業後はコンサルティングファームで働く傍ら、NPOでのプロボノ活動で経験を積み、NPOとビジネスの双方のバックグラウンドからなる課題意識から、クロスフィールズの創業に至る。

留職の現場に入ると、途上国のNGOのリーダー達との対話や、留職に参加する日本企業の方と、「社会に対してどう価値を出していくか」と白熱した議論を交わす時間に、胸を熱くすることも多い。現場での感動をクロスフィールズの事業へと発展させるべく、日本とアジアを駆け回る日々を過ごしている。

「人」が変わると
「世界」が変わる
日本と途上国の社会を
もっと豊かに!

留学先で国際開発と出会い、途上国支援への関心が高まる。帰国後、セルビアの難民支援やカンボジアの教育支援等にインターンし、国際開発を仕事にすることを決意。2011年に米国の大学院にて国際開発学修士号を取得。在学中は自国の発展のために奮起する多くの留学生と共に過ごし、今も彼らの存在が自身のキャリアの支えとなっている。

卒業後は日本の政府系援助機関にてインドネシアのインフラ開発等を担当。震災をきっかけに、日本をもっと元気にしたい!という想いが強まり、かねてから関心のあったクロスフィールズに2015年7月に加入。日本企業の留職者と途上国のNPO、どちらも重要なのは「オーナーシップ」と考え、彼らの自発性と可能性を最大限引き出すためにサポートすることをモットーとする。

趣味はダンスと旅行。何も考えずに踊っている時、頭や心が解放されて、もっと自由な自分になれる気がする。

それぞれのプレーヤーにとってwin-winになる国際協力のモデルを目指す

高校時代に経験したタイの孤児院でのボランティアや、船で世界を一周するNGOでの活動を通じ、国際協力に関心を持つ。

さらに前職で出会った、あるNPOの代表者に感銘を受ける。大学卒業後、テレビ局に5年間ディレクターとして勤め、ニュース企画や番組の制作を担当。そこで、ベトナムの貧困層を農業の面から支援する日本の団体を取材した。“よそ者”だからこそ持っている客観的な視点やノウハウで現地の人とともに活動する代表者の姿に刺激され、国際協力に携わりたいという気持ちを新たにする。

特にそれぞれのプレーヤーにとってwin-winな場になる国際協力のモデルが必要だと感じる。そんな想いから2016年5月よりクロス・フィールズに加入。プロジェクト・マネージャーとして、企業と留職者、留職者を受け入れる団体の三方と連携をとり、それぞれが向上できるプログラムを目指す。

趣味はヨガとボールを使ったスポーツ。無我夢中に体を動かすことで、頭もすっきりする。

 

人の可能性を信じ、想いをつなげる

大学時代にアジア諸国への旅行やボランティア活動を通して国際協力に関心を持つようになる。大学卒業後IT企業で法人営業に従事した後、国際協力の道に進むために一念発起して大学院に留学するも、調査で訪れたケニアの牧畜民の村で半年暮らす中で、外部者の自分が彼らの社会に関わることの意味や自分の立ち位置に悩む。

大学院卒業後、国際協力NGOに入り、マラウイとケニアで農村開発のプロジェクトに従事。そこで自分の国の発展のために奮闘する現地の若手リーダーたちに出会い、感銘を受けると同時に、日本でも彼らのような熱い想いを持って世界に飛び出す人材を増やし、彼らとつなげていきたいという想いを抱き、2016年5月にクロスフィールズに加入。

「山と山は出会わないが、人と人は出会う」というスワヒリ語の格言が好き。留職者と留職先団体との出会いが、人と社会にもたらす変化にわくわくしている。

「異文化との出会い」で日本をもっと面白く、世界をもっと豊かに

学生時代より世界中を旅する中で、各地の課題に関心を持つ。

数年前、国際協力への興味からウガンダのエイズ孤児院を訪れるも、短期間の活動では何の貢献もできず、いずれは本業で携わりたいという思いを抱く。 一方、日本企業・社会に対して「画一的」「内向き」といった問題意識を抱いており、「国際協力」と「日本企業・社会の変革」の双方を満たす活動をしたいという想いで2016年6月に加入した。

前職は日系IT企業で金融機関と英国システムベンダー間の仲介業務を担当。両者にとって価値を生むようプロジェクトを推進した経験を活かし、クロスフィールズでも企業・留職者・派遣先全てに対して価値を最大化するプログラムを作り上げたい。そして何より、異文化との出会いで留職者が劇的に変わる瞬間に立ち会いたいと考えている。

30代になった現在でも、バックパックを背負って安宿を泊まり歩く旅に出るのが趣味。現地での素敵な出会いを何より楽しみにしている。

過去に捉われず、枠を超え一歩を踏み出す勇気を一人でも多くの人に

大学を休学し、留学時のインターン先で、ソーシャルビジネスの最前線で活躍している日本人やアジアや中南米のソーシャルリーダーに出会い、新たな世界を知り、感銘をうける。

卒業後、総合人材サービス会社に入社し、主に人材派遣の領域で、企業と求職者の間に立つマッチメーカーとして営業職に従事。在職中に、社内研修制度を利用しネパールに滞在し、現地のメンバーと仕事をする中で、「何をやるのか」だけでなく、「なぜやるのか」を考えることの大切さ、新しい環境の中で自分の立ち位置をつくりあげる事の難しさと、チャレンジすることの重要性を現地の活動を通じて学んだ。

留学時代、在職時代の経験を経て、より社会変革の現場に近いところで働きたいという思いから、クロスフィールズに加入。

趣味の一つがキャンプ。一から自分たちの居場所を作る楽しさと大自然の中で過ごす良さに魅了されている。

 

人の可能性を信じ、想いをつなげる

新卒で総合商社に入社し、石油・ガス開発の部門に配属。上司・同僚や国際的なプロジェクトパートナーから多くの刺激を受け、学びを頂きつつ、ダイナミックさに惹かれながら、資源開発のビジネスに7年間ほど従事。

商社での仕事を通じて学び得たビジネスの無限の力と社会貢献を結びつけること、そして、それを通じて、日本企業で働く人々の情熱を呼び醒ましながら、その力を引き出し、世界で活躍できる人材を創出すること。そこに自分の在り方の意義を見出すようになる。

そして、そこに向けた多くのピースがあると確信し、2018年春よりクロスフィールズに加入。留職を中心とした各事業を通じて、企業・行政・NPOとともに、社会の未来を切り拓いていくことに情熱をもって挑戦している。

趣味は、ボクシングとヨガと読書。ボクシングはメキシコとフィリピンでの武者修行の経験あり。尚、自分の人生の先達でありライバルは、本田圭佑と武井壮とSteve Jobsと言う。

枠を超えて志を繋ぎ、人と社会の可能性を広げる

高校生の頃、途上国の貧困問題に触れて大きな衝撃を受けたことをきっかけに、国際協力に関心を持つ。大学卒業後、政府系援助機関にてエジプト・リビア・イエメンに対する事業の案件形成・実施管理に携わる。国際協力事業に携わる中で、持続可能な開発を実現するためには、それぞれのアクターにとってwin-winな関係性と協力の仕組みが必要と感じる。

エジプト駐在中に現地で知り合った若き社会起業家集団の熱い志と、彼らがセクターの垣根を越えて様々なアクターを巻き込みながら次々とアクションを起こし社会に旋風を巻き起こしていく姿に感銘を受け、トライセクター・コラボレーションによる社会課題解決に可能性を見出す。

国やセクターの枠を超えて人と人をつなぐことで日本と世界の社会課題の解決に貢献したいとの思いから、2018年7月にクロスフィールズに加入。企業とNPO、それぞれに寄り添い、両者に対して最大限の価値を生み出せるようなプログラムを手掛けていきたい。

  

趣味はスキューバダイビングと旅行。海の中で中層を泳いでると、神秘的な世界で空を飛んでいるような気分になる。そんな感覚が好き。

「開発とビジネスの掛け算で効果を最大化する」

幼少期に触れた南スーダンの戦地写真やインドネシアの物乞いの子供たちとの協働活動から開発に関心を持つ。慢性的な問題を解決するには人材開発を含む教育から根本的に取り組むべきと考え、教育経済学を専攻する。

セネガルでの国際機関や国際NGOでのインターンを経て国際公務員を志すが、プロフェッショナルが集う組織故に内外共にアクターを超えられない限界とチームとしてもまとまりきれない歯がゆさを感じる。これをきっかけに、組織としての強さが成果につながると感じ組織開発へ進む。

民間企業を対象に人材育成や組織開発に携わるが、民間で蓄積されたナレッジを開発の世界でも活かすことで社会課題の解決と開発世界の更なる効果最大化を仕掛けたいと考え入団を決意。

趣味は旅行、おいしい食事とお酒を楽しむこと、温泉巡り(特に秘湯)。近々ジャンベを始める予定。

セクターを越えた最高のケミストリーを起こしたい

学生時代は国立研究機関のインターン生として高速流体力学を研究。その間に休学し世界を旅する中で、社会課題に対してこそ自分の研究を生かしたいと考えるようになる。

卒業後はエンジニアリング会社に就職し、ミャンマー等で発電プラントの建設プロジェクトに従事。社会インフラを創るドラスティックな現場に興奮しつつも、会社の枠を越えられないもどかしさを感じる。

そして企業・行政・NPOが壁を越えて協力するクロスフィールズの事業に共感し、2018年12月に加入。自身もエンジニアから枠を越えて新たなフィールドへ挑戦中。同じ悩みをもつエンジニアと共感し、セクターを越えた最高のケミストリーを起こしたい。

好きなものはお豆腐・バイク・アメフト。愛車のハーレーをどうカスタムするか、悩みは尽きない。

「伴走者」のサポーターとして

自身の子育て中に障害福祉関連のNPO事務局スタッフとして勤務するなかで、誰もが個性を生かし希望をもって過ごす社会をつくることの重要性を強く感じるようになる。クロスフィールズでは事務スタッフとしてバックオフィス業務を担当。

より良い社会を目指し「伴走者」としてひたむきに歩み続けるスタッフが、万全のコンディションで業務に臨むことができるように、サポーターとして尽力したい。

趣味は旅行。

週末には地方の食材を取り寄せ、食卓で旅行気分を味わっている。

世界を巻き込むソーシャルイノベーションを起こす

新卒で入社した電機メーカーでは、営業企画部門にて中国市場を担当し、事業・販売戦略の立案、新製品開発のプロジェクトマネジメントに7年間従事する。新興国と日本を繋ぐ社会的事業に携わりたいという想いが芽生え、世界の現場を自分の目で見るべく退職。海外で活動する日本人のもとを訪れる世界一周の旅を敢行。その後、「社会課題解決」について強く関心を持つようになり、修行期間と位置づけ、カナダと日本のNPOにて経験を積む。2019年、クロスフィールズのビジョンに共感し、加入。

ビジネスセクター、ソーシャルセクター両方の経験を生かして、「国際協力」と「ビジネスパーソンのエンパワメント」に情熱を注ぐ。

趣味は、海外旅行、飲み会、カラオケ。どの国を旅するか常に考え中。その瞬間瞬間を生きることに命をかける大阪人。

人と組織のハブになる

新たな視点を持つきっかけになるカメラの開発に携わりたいと、新卒で光学機器メーカーに入社。部門・組織の枠を超えた協力関係を築きながら、デジタルカメラ、医療機器の製品開発に従事。

一方、社外で大学生のリーダーシップ育成プログラムのメンターを経験し、学生たちの日本社会への危機感と日本企業への期待の低さを知る。

自分を育ててくれた日本企業が、これからの若い世代が生き生きできる場になって欲しいと2019年7月クロスフィールズに加入。留職をはじめとした各事業を通じ、人と組織のハブとなり、人の想いの源に触れること、人や組織の変化に立ち会えることに喜びを感じている。

趣味は飲むヨーグルトハント。国内外のローカルスーパーで新たな味を探し歩きながら、その土地の食文化に触れるのが好き。

ネットワークの相乗効果を最大化する

18歳の頃、青年海外協力隊で活動する姉に影響を受け、マダガスカルへ。現地の生活水準にカルチャーショックを受ける一方で、明るく一生懸命に生きるローカルの人々に強く惹かれ、国際協力に興味を抱くようになる。

大学卒業後、金融機関を経た後日系コンサルティングファームにて、事業再生案件を中心としてデューディリジェンス、事業計画策定、計画実行支援の経験を積む。プロジェクトマネージャーとして案件を動かす難しさ、クライアントとの信頼関係構築、再生出口まで漕ぎ着けた瞬間を楽しむ一方で、昔見た途上国での景色と、国際協力で働きたい想いが忘れられず、クロスフィールズに転職。

企業・NPO/NGO・行政の異なるセクター間でネットワークを構築し、最先端の知見を社会課題の解決に活かす取り組みを創りだすべく模索中。

趣味はボクシング、キャンプ、バイク、漫画をひたすら読む合宿などアウト・インドア問わず打ち込む。生来なまけもの気質があるが、健全な精神は健全な肉体に宿ると信じ、外に出る。

人と人との懸け橋になり、誰もが幸せに働ける未来を作りたい

派遣会社のコーディネーターとして勤務する中で、「働く」をサポートすることを天職だと思いながらも、留学を機に前職の外資系製薬会社に転職、創薬を通じての社会貢献と多国籍企業で働くことのチャレンジなど、新たなやりがいを感じていた。

コーチングを学び始めたのをきっかけに、派遣会社時代から興味を持ち続けていた人材育成の分野に挑戦したい気持ちが再び芽生える。コーチングを通じて出会った沢山の仲間から刺激と後押しを受け、2019年11月からクロスフィールズに加入。人材育成と社会課題への貢献、という大きなミッションを前に自分自身がワクワクする毎日を送っている。

趣味は家族旅行。春夏秋はキャンプ、冬はスキー、と自然の中で過ごす時間を満喫している。

それぞれの想いを、社会でもっとずっと!

国際協力への関心から、学生時代は国際会議の学生サミットや子どもの人権保護に関わるNGOでのインターンシップに参加。新卒で外資系IT企業に入社し、コンサルタントして医療系案件に従事すると同時に、プロボノ活動を実施。入社時は志を同じくする仲間と熱く議論を交わしたが、年次が上がるにつれて想いの継続や実現の難しさを実感。

あらゆる社会課題を解決するため、国際協力や社会課題の解決に関心がある人が想いを保ったまま働き続けられるような社会をつくりたい、課題を知って考えて行動できる人の輪を広げたいと思い、クロスフィールズに入団。

趣味は散歩・サイクリング・ハイキング。様々な場所を自分のペースで進んで初めて見えてくる発見が好き。

ソーシャルセクターで働くひとを守る

新卒で広告代理店に入社、コミュニケーション戦略立案に携わる。その後、バーテンダー、アートイベントスタッフ、ライブハウス事務方と異なる業種を渡り歩き、2015年に国際協力NGOへ転身。医療支援団体の事務局長として組織改革を実行した。

異業種転職を繰り返してきたが、様々な場所で、夢と情熱を持って働く若者が夢破れ、うちひしがれて逃げ出していくのを見てきた。そして業界を問わず、そのように若者を絶望させる原因の一端は組織にあることに気づいた。

経営を変え、組織を変えれば情熱と志、高い能力を持つ人材は輝き続けることができる。社会を変える仕事を続けながら、自分自身も幸福な人生を送ることができる。そう信じる。

ミッションは組織改革。クロスフィールズを変え、日本のソーシャルセクターを変えたい。

趣味は料理と整理整頓。テクノロジー好き、Mac好き。いつでも専業主夫になれる家事能力と、60を超えてもシステム部門で働けるITリテラシーの維持・向上に趣味として取り組んでいる。

異なるものを繋げ合わせて化学反応を生み出す

大学在学時から海外ボランティアなどを経験。接していた子どもたちからの「もう帰っちゃうの?」という一言で、本質的に彼らのためになる活動とは何かを考えるようになる。

卒業後、ビジネスの力を活かした社会課題解決の可能性を模索するため、外資系IT企業に法人営業として入社。働く中で、日本社会にも課題が山積していることに気づく。クロスフィールズであれば、国内外それぞれの課題の解決に挑戦できると信じ、加入を決意。企業とNPOが混ざり合うことによって生まれる未知数の化学反応を社会に創造していきたいと考えている。

プロジェクトマネージャーとして4年間従事したあと、1年間のイタリア留学を経て、現在は広報・マーケティングを担当。新しいクロスフィールズを世界に発信していきたい。

趣味はジュエリー制作と旅行、訪れた国は25か国以上。将来、アムステルダムに移住、リタイア後はハワイ島で静かな余生を送るのが夢。

全ての会社を社会的企業に!

大学卒業後、総合職として専門商社に就職。出張先のマレーシアで見たストリートチルドレンに衝撃を受け、社会課題への意識が芽生える。その後、より深く学ぶためコスタリカの国連平和大学に進学し、持続可能な企業活動の修士号を取得。卒業プロジェクトではフィリピン農村部を舞台に、エコツーリズムのPR活動に取り組んだ。

大学院で学んでゆくなかで、セクターを超えた社会課題への取り組みがこれから必要だと考えるように。同時に日本企業で働く人々の意識を向上させ、全ての企業活動が社会問題の解決につながっている社会を創りたいと強く思い、クロスフィールズに加入。団体の活動をより多くの人々に届け、賛同者を増やしていきたい。

趣味は登山、料理、旅。どこへ行くかは「何を食べられるか」で決める。

Board of Directors

明るさと前向きさでチーム・
クロスフィールズを引っ張る
リーダー

共同創業者として2011年5月にクロスフィールズを創業。現在は代表として経営全般を統括するとともに、法人営業活動などを担当。
大学卒業後に青年海外協力隊としてシリアに赴任し、現地NPOとともにマイクロファイナンスや環境教育のプロジェクトに携わる。
その後、コンサルティングファームでビジネス経験を積んだ後、共同創業者の松島とともにクロスフィールズを創業。
学生時代からスポーツをこよなく愛し、中高では軟式野球に、大学ではラクロスに没頭する。(ラクロスではU21日本代表に選出される)
好きな言葉は「情熱と工夫のあるところ、必ず道は拓ける」。持ち前の明るさと前向きさでチームを引っ張る。

NPOとビジネスの2つの世界を
繋ぐ、留職プロデューサー

2011年5月、クロスフィールズを共同創業。

NPOを創業した父の影響を受け、ソーシャルセクターの持つ可能性を感じ育ち、大学在学中は、カンボジアの児童買春問題に取り組むNPOにて活動。卒業後はコンサルティングファームで働く傍ら、NPOでのプロボノ活動で経験を積み、NPOとビジネスの双方のバックグラウンドからなる課題意識から、クロスフィールズの創業に至る。

留職の現場に入ると、途上国のNGOのリーダー達との対話や、留職に参加する日本企業の方と、「社会に対してどう価値を出していくか」と白熱した議論を交わす時間に、胸を熱くすることも多い。現場での感動をクロスフィールズの事業へと発展させるべく、日本とアジアを駆け回る日々を過ごしている。

ブランド経営コンサルタント。大学卒業後、広告会社勤務を経てフリーランスに。2005年、病児保育問題を事業によって解決するNPO法人フローレンスの創業に参画し、副代表に就任。本業との二足のわらじでNPOのマネジメント業務に関わり手腕を発揮。2008年、フローレンスの黒字化を契機に理事就任。株式会社アムを設立し、企業やNPOのブランディング領域でコンサルタントとして活躍する。

ビジネスパーソンのスキルを社会変革へと結びつけるというクロスフィールズのアプローチに共感し、創業当時よりアドバイザーをつとめ、2012年11月に理事就任。フローレンスや本業での経験を活かし、クロスフィールズでも主にブランディングおよびPR領域の戦略策定を中心に経営に携わる。

一児の母。週末は家族でキャンプなどに出かける。過去にはプロレスラーを本気で目指していたこともある。

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任講師、特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン代表理事。

国内の大学を卒業後、日系メーカー勤務を経て、米国Thunderbird Global School of Managementにて経営学修士課程を修了後、GE Internationalに入社。シックス・シグマ手法を使った業務改善や、コーポレート・ファイナンス部門で企業買収後の事業統合等を行う。2008年にはGE社を退職、NPO法人ISL 社会イノベーションセンターを経て、2010年より 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教。2016年より特任講師。主に社会的インパクト評価を中心に研究。AsianVenture Philanthropy Network(AVPN)東アジア統括。

一橋大学経済学部卒業。大手金融機関に勤務、その後、公認会計士の資格を取得し、会計士として大手監査法人にて監査業務に従事する。現在は、大学時代の友人が経営する静岡県を中心に建設・不動産事業等を行う加和太建設(株)に転じ、現職は、取締役として不動産部門を統括している。

クロスフィールズ代表である小沼の大学時代の部活動の先輩にあたる。後輩の小沼からの誘いを受け、クロスフィールズの創業とともに監事に就任。専門知識を生かし、財務・会計部門の監査を担当する。

趣味はラクロス。現在もプレーヤーとして活躍する他、出身校である一橋大学女子ラクロス部のコーチ経験もある。

慶応義塾大学法学部・Duke University School of Law卒業。2001年弁護士登録(第一東京弁護士会)、2005年カリフォルニア州弁護士登録。外資系大手法律事務所のパートナーを務めたのち、2016年1月、サウスゲイト法律事務所・外国法共同事業を設立。クロスボーダーM&Aその他国際的な企業取引を専門とする。本業の傍ら、数々のインパクト投資やソーシャルファイナンス案件を手掛けるなど、社会貢献分野に対する造詣も深い。

所属していたソーシャルベンチャーパートナーズ東京の投資先にクロスフィールズが選出されたことをきっかけにクロスフィールズの創業期から法務を中心としたサポートを行う。2012年11月にはクロスフィールズの監事に就任。

前職場では育児休暇を3回にわたって取得するなど本業とプライベートの充実のための取り組みにも積極的。趣味はウェイクボード。

▲ページトップに戻る