NPO法人クロスフィールズでは、新興国の留職プログラムでグローバルに活躍できる人材の育成、企業・行政の新興国進出を支援します。

【プレスリリース】留職プログラム、海外派遣を再開

2022.06.02

  • クロスフィールズはコロナ禍で一時休止していた留職プログラム(新興国派遣)を再開します。今年度はJ-POWERの社員のカンボジア派遣や、経済産業省の事業の一環としてスタートアップ企業の社員を東アフリカ地域に派遣することを予定しています。詳細は以下のリリースよりぜひご覧ください。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000049241.html

    留職プログラムでは社会課題の最前線で得られる原体験を提供し、「社会課題を解決するリーダー育成」を目指します。今後は新興国派遣と、コロナ禍で開始した国内派遣の2つのスキームで実施する予定です。

    この取り組みにご関心などございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。